学資保険の一時所得の計算方法とは?

学資保険が満期になったときに受け取ることができる保険金や、途中で契約を解除した場合に受け取れる解約返戻金は一時所得とみなされ、給与所得や不動産所得、雑所得などといった他の所得の状況次第では、保険金を手にした年の翌年に確定申告を行い、所得税および住民税を納税しなければならない場合があります。

一時所得は、収入金額からその収入を得るためにかかった経費を差し引き、その後特別控除額50万円を差し引けば計算することができます。ただし、課税対象となる一時所得は、算出した所得金額の2分の1となります。学資保険返戻率の高い学資保険の場合は、満期保険金および解約返戻金が収入金額、払い込んだ学資保険料の総額から分配された剰余金などを差し引いた金額が経費にあたります。

例えば、払込期間を通じて支払った学資保険料の総額が300万円で、満期保険金が360万円だったとすると、満期保険金と払込保険料総額の差額が60万円となり、さらに特別控除額を差し引くと10万円となり、この金額が一時所得になります。課税対象となるのは半額の5万円で、他の所得と合計した結果、基礎控除額にあたる38万円を下回っていれば確定申告が不要となります。もし、基礎控除額を上回っていても、所定の所得税率を乗じて納付額を計算し、その後配当控除額を差し引いた結果がゼロ以下となれば確定申告が不要です。

なお、学資保険の一時所得について確定申告が必要となった場合は、申告書の提出時に支払通知書などといった一時所得があったことを示すものを添付しなければなりません。申告と納税の手続きが済むまでは、学資保険に関して保険会社などから受け取った書類は大切に保管しておきましょう。

むくみサプリはどのような効果があるか

むくみサプリメントの効果

むくみを気にされる方はむくみサプリメントを利用してむくみを解消されている人は多いかもしれません。そのむくみサプリメントはどれほどの効果があるのでしょうか。むくみサプリメントの解消効果は体内にたまっている水分や老廃物を体の外に出して、体のむくみを素早くとることができます。特に顔や足に効果がでます。サプリメントの成分やサプリメントの金額によってその効果には差があるようです。ある程度継続してから効果が得られるものもあるようですので、むくみサプリメントを利用する際にはどれほどの効果が得られるのか調べてから利用することができます。また効果だけでなく、副作用がでるサプリメントもあるようですので注意が必要です。水分や老廃物を外にだすので、デトックス効果もあります。脂肪燃焼効果もむくみサプリメントにはあります。顔が大きく見える人でもむくんで見えていることもあり、むくみサプリメントを飲むことによってむくみが解消されて小顔になるという効果もあります。同じように足も太く見えていてもむくんでいて太く見えてしまうこともあり、むくみサプリメントによって解消されるという効果があります。むくみサプリメントはむくみを解消する効果のあるサプリメントですが、栄養補助剤ですからより一層効果を期待したければ、食習慣を変えたり、規則正しい生活を送るという努力をすることも必要になってきます。健康な体作りをしてむくみのない快適な生活を送るようにしましょう。
関連サイト

消費者金融で借り換えならアイフルがおすすめです

アイフルの借り換えローン「おまとめMAX」は、金利設定12.0~15.0%、最大融資上限金額は500万円までの融資を利用することが出来ます。アイフルと言えば消費者金融系カードローンとして広く知られている訳ですが、知っての通り消費者金融系カードローンは「総量規制の対象となるカードローン」です。

その為、借り換えローンを利用する(高額融資を利用する)のであれば相応の年収があることが必要になってしまい、到底アイフルと契約できる状況ではないという判断をしてしまうことも多くなりますが、実はアイフルに関わらず「借り換えローンの場合は特例的に総量規制対象外のカードローンと同じように利用することが出来る」という仕組みがあります。

一般的な消費者金融系カードローンを利用していると、契約金利は17~18%程度になる可能性が高いのですが、借り換えローン(おまとめMAX)ならば最大でも金利15.0%で借入れをすることが出来ます。消費者金融系カードローンでも15%以下の金利で借入れ出来ることもあるので100%ではありませんが、借り換えすることで金利を引き下げられる可能性は十分にあります。

最小値~最大値までの差がほとんどないカードローンということもあって、利用金額にかかわらず低い金利で契約できる可能性があるという意味で言えば、アイフルで借り換えをすることにはメリットがあると言えます。ただ、「借り換え以前の平均金利を正確に把握する」と言うことが大切です。
アイフル借り方審査ガイド | 借りる前にすぐ確認すべき17の項目はこちら

モビットのスレッドを見る

キャッシングを始めたいけれど、どこへ申し込めばよいのかわからないので申込をするのが不安といった多くのかたがおられますが、そういった不安があるときはいきなり申込をせずに、インターネット上にある口コミサイトやランキングサイト、掲示板などのスレッドを参考にすることをおすすめします。

キャッシングを利用するための目的として、急な出費があり給料日までまてないのでその間だけでも借りたいとか、少し多めのお金を借りたいのでできれば低い金利で利用したいと、さまざまですが、大きく分けてすぐにお金が必要なときは消費者金融、低金利で利用したいときは銀行カードローンになります。

しかし、お金を借りるという理由で多いのがやはりすぐに借りたいということで、もはや即日融資はキャッシングの必要不可欠の要素になっています。
大手消費者金融は即日融資に対応しており、なかでもモビットは口コミやランキングサイトのスレッドを見ても人気があります。

ただ、こういった書き込みを見るときは、注意が必要で、借りられなかったから悪いという書き込みもあれば、思った以上に借りられたという記事もあるので、うのみにせず自分の状況からみればどうなのかといった判断が必要になります。

モビットに人気が有るのは、審査に通り、午後14時50分まで振込み手続きが完了してれば数分で口座に振込をしてもらえることや、何と言っても電話での在籍確認は困るというかたにとって、在籍証明書類が用意できれば勤務先確認のための電話連絡はないので安心して申込みができるところに人気があります。
モビット即日融資申し込み方法ポイントまとめ【条件・時間】はこちら

池袋の消費者金融で最短で借りられるところ

池袋であれば大手だけではなく、中小さまざまな消費者金融がありますので、最短で借りることが可能です。ただし利便性など業者それぞれに特徴がありますので、それをうまくつかんでから消費者金融を選ぶようにしましょう。確実に最短で契約をし、キャッシングをしたいのであれば池袋にある大手の業者をあたると良いでしょう。

CMをよく流している業者が数多く池袋にありますので、お好きなところを選べばよいです。金利に関してはほとんどどこも同じになっていますので、あとは好みの問題になります。利便性についても大手の業者であれば、同じであり使い勝手も良いです。コンビニATMでも利用することが可能ですが、その場合は手数料が取られますので、この点だけは注意してください。池袋で利用するなら、店頭のATMを使って利用することをおすすめします。そうすれば利用手数料も無料で利用できます。

契約をする場合は直接店舗に行くほうが最短でキャッシングすることができます。インターネットからも可能ですが、この場合銀行振込の時間を守らないといけなくなります。少し遅れるだけで申し込んだその日にキャッシングをすることができなくなります。それを防ぐために直接店舗に行きましょう。無人契約機であれば、そのままカードを受け取ることができ、キャッシングも可能になります。ただし直接行くのではなく、最初に電話やインターネットから申込みをし、即日融資を受けたいことを伝えておくとスムーズに契約を締結することができるでしょう。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら

ソニー銀行カードローン店舗はある?ネットだけ?

ソニー銀行は、ソニーと三井住友銀行の出資により2001年に設立されたネット専業銀行です。従ってソニー銀行カードローン店舗や、一部銀行や消費者金融などで利用できる自動契約機もありません。しかし、ソニー銀行カードローン店舗を構えていない分、他の銀行よりも経費を抑える事が可能になっており、ソニー銀行カードローンの金利は年2.5%〜年13.8%と低い水準です。
ソニー銀行カードローン店舗が無いことにより、利便性の面が気になりますが、ネット専業銀行の特徴として、全ての手続きをWEB上で完結できるメリットがあります。また、ソニー銀行は様々な銀行・コンビニと提携しており、身近な場所にあるATMを無料で利用できます。
ソニー銀行カードローンの利用については、安定した収入のある満20歳以上65歳未満の方、配偶者に収入のある専業主婦も申し込めますが、ソニー銀行に普通預金口座を持っていることも条件になっているので、ソニー銀行と取引を行ってない方はカードローンと同時に口座開設も申し込むことになります。本来であれば、借入の開始は口座開設後になりますが、初回振込サービスを希望する方は初回に限り他の金融機関への振込が可能です。
申込はパソコン・スマートフォンから、仮審査、在籍確認、意思確認、本審査を経て契約となり、後日、本人限定郵便でカードが到着します。300万円を超える限度額を希望する場合、初回振込サービスを利用する場合は証明書類も必要です。

ソニー銀行カードローンの借り方|申込方法から融資までの流れはこちら